”精神疾患”難病”解離性障害”双極性障害”躁鬱病”甲状腺機能低下症”シェーグレン症候群”生き方”

quality of life (生活の質・QOL)

クオリティ オブ ライフ(生活の質・QOL)について、真剣に考えてみる。

粉瘤・アテローム

長年、粉瘤に悩まされております。 (粉瘤については、http://sp.skincare-univ.com/article/009656/ をご参照下さい。)

炎症を起こす度に、化膿止めの塗り薬や、抗生剤を飲んだり、化膿がひどい場合は、自分で膿を出したり、病院で膿を出してもらったりしていました。

私は、粉瘤ができやすい体質らしく、あちこちに、小さいものから、大きなものまでできています。 メインは、脚の付け根です。 多発性アテローム、と言うらしいです。

私はあまり薬を飲みたくないタイプで、皮膚に良い水素風呂や、皮膚にあまり刺激を与えないよう、また、化学物質に反応しやすいので、お風呂セットは、シャボン玉石けんや、ラッシュを使用しています。

だがしかし! もともと自己免疫疾患でもあり、どんなに気をつけていても、どーしよーもない場合もあります。

先日、膠原病で皮膚の湿疹が気になっていたため、皮膚科を受診。(皮膚科も転々としていましたが、ようやく治療方針や、診察、説明など、納得できる皮膚科医に出会えました。) その際、ついでに粉瘤も診てもらい、結果的には後日、二箇所初の手術をしました。

そして今日、また気になる粉瘤があり、術後の検診と一緒に診てもらったところ、繰り返すようなら、やはり早い内に(小さい内に)手術をした方が良いが、ただ、できやすい体質のようだから、毛穴の炎症を起こしにくくする漢方を試してみてもいいかもしれない、と提案され、そんな漢方があるなら!と、今日から試しに飲み始めました。

できやすい体質だから、体質改善&なんらかの原因で毛穴が炎症を起こしそうな時、それを抑えてくれるんですね。たぶん。

結構皮膚科を巡りましたが、抗生剤がメインで、あとは手術をススメられる(根本治療)ところがほとんどだったので、抗生剤嫌い&多発する粉瘤を、粉瘤ができる度に手術とか無理だろー、と考えていた私には、漢方薬は目からウロコでした!

ちなみに、ツムラ「ケイガイレンギョウトウ」医療用です。

しばらく飲んでみて、また経過を報告します。 (^o^)/

★レンタル専門の水素風呂★ 私のお仕事の一つです。 水素風呂についても知ってもらえたら、嬉しいです。 http://system.litaheart.com/14217

♯粉瘤 ♯アテローム ♯アテローマ ♯皮膚疾患 ♯水素風呂 ♯漢方薬